人生100年時代!実体験の健康や学びを発信!

食事・運動・思考を整えて、心身の健康を改善や維持しています(^^♪

人生100年時代! 読書は知識取得の宝庫 人生を変える80対20の法則 シンプルイズビューティフル【vol.5】

 おはようございます!今朝は晴れ。気温3℃、湿度70%、風が無くとても落ち着きのある静かな朝を迎えています。

 今週もアッという間に水曜日を迎えました。時間が経つのが早すぎて感覚が追いついていないです( ^ω^ )それだけ、何かに集中しているというべきなのかもしれません。子どもの頃は無邪気に遊んでいると1日があっという間でしたから♪

今朝のマチナカ

 今朝も習慣的な朝活でスタート!「起床時のアファメーション、ウォーキング(柔軟、マッサージ、褒める、耳活)、朝食、Twitter、読書、コーヒータイム」。いつものリズムでスタートできたので快適です。

 風が無かったので、気温ほどの寒さは感じませんでしたが、マフラーや首回りまであるマスク、帽子、手袋が必要な時期です。ウォーキング時には、防寒対策をしっかり施しています。ある程度の寒さは感じつつも、完全に身体を冷やすことの無いようにしています。寒さのストレスを一定程度与えることも心身の感覚を養う(季節の様子を身体に感じさせる)うえでは大切だと思っています。ずっと暖房が効いた部屋にいたら身体の感覚が崩れて体調不良をおこしやすくなりますからね。乾布摩擦みたいな行動はしませんが、極端な行動でなく自分の普段のできる範囲で身体に季節感を与えています。

 

 

【第5章】シンプルイズビューティフル

 はじめに、まとめとして著者は、「ビジネスは無駄が多く規模が大きくなると複雑になる。単純なビジネスが複雑なビジネスに勝る。大きくて単純な企業がベストである。ものごとを単純化し、冷徹さが必要だ。単純は美しい。」と言っています。

 この章の項目を私なりに簡潔にまとめると以下の通りとなります。

 

「シンプル」実現ステップ

 ・ニッチ市場でシェアを確保する

 ・成熟したシンプルな事業を展開し複雑化コストを下げる

 ・自社の強みを見極め残りはアウトソーシング

 ・機能とコストだけが残る

 ・組織や仕組みが単純なほど顧客に近くなり大切に接することができる

 

もっとも単純な20%に磨きをかけ、生産性高くコスト率をあげる。

単純化によってコストを削減する。

80対20法則でコストを削減し取捨選択する。

80対20分析で改善分野を特定しパフォーマンスを比較する。

 

 この章を読んだ感覚としては、組織においても商品においてもシンプルが一番だと私は思いました。実際、私の経験上、組織が複雑(決裁までが遠く、付議する会議数が多い)すぎると、スピード感がなく、そのたびに資料を修正しそこに力を注がなければいけない…。それだけでどれほどの時間や労力がかかることか。私としては、無駄な労力であり、私の直属の近い上司が決裁権者であればどれほど早く行動できることかと思ってしまいます(笑)

 商品やサービスにおいても同様です。また、会社の理念においても同様ですね。誰のための商品やサービスなのか、理念の意識がシンプルに全員が認識していて、どこに向かって進んでいるのか。とても大切なことだと感じています。

 私は、色々と難しく考えすぎる傾向にありました。ここ2~3年前までの話です。私用の例になりますが、コロナ禍以降、自分は何のために生きていて何がしたいのかを考えるようになり、人生100年時代健康に生活するというシンプルな目的ができました。その目的に向かって、健康(食や運動)の習慣化をして楽しむ。いたってシンプルな目的と行動目標ができたので、すっきりとした感覚で生活しています。仕事も大切ですし、生活するお金をもらうためには重要ですが、そこに命を懸ける必要はありません。まして、心身の健康を害してまで企業のために働く必要はありません。私にとって

は、健康第一です!

 

 企業の成長だけでなく、私生活や自分自身の生き方にもシンプルイズビューティフルを取り扱うことができると思っています。企業の組織や方針を変えることは時間がかかりますし容易ではありません。しかし、自分自身の方針を変えることは、自分で判断できるので難しくありません。 

 本当に自分がやりたいこと、本来やらなくても良いことはやらないまたは機械に任せる等、時間を有効的に活用して自分という時間を大切に充実させることはできると思います。いきなりはむずかしいと思うので、まずは紙とペンを手に取り、紙に書いて自分が本当に目指すべきことを見える化してみてはいかがでしょうか!

 

 人生100年時代!今日も一日ゆっくりと進んでいきましょう!良い一日を!