人生100年時代!実体験の健康や学びを発信!

食事・運動・思考を整えて、心身の健康を改善や維持しています(^^♪

人生100年時代! 読書は知識取得の宝庫 人生を変える80対20の法則 隠れたカルト【vol.3】

 こんばんは!今日は、曇天から雨天の天気でした。今日をいかがお過ごしだったでしょうか。私は、普段通りの生活リズムを行いたかったのですが、仕事の関係で職場近くのホテルで前泊。仕事は早朝6時から開始したため、仕事を早く切り上げてきました。折角なので、夜をゆっくりと過ごしたいと考えています。

 明日以降、いつもの生活習慣を送れるように、すでに準備済みです(^^♪ 何事も、事前準備して、心身を落ち着かせておくことが大切ですね!!

 

 そんな状況でしたが、少しは朝のウォーキングは実施していました。普段と異なる場所だったので、新鮮さがありました。寒い朝にもかかわらず、半袖で体操をしている50代くらいの男性をみて、さすがに驚いてしまいました(笑)。健康的なのかどうかわかりませんが、元気いっぱいには変わりないですね。いつまでも習慣を大切にして元気に長生きしていただきたいと思っていました。

今朝の東京湾

【第3章】隠れたカルト

 1950年~90年にかけての品質革命、1960年代に始まった情報革命、それぞれにも不均衡な80対20の法則があり、情報革命はまだまだ進むと著者は言っています。また、今なおビジネスの秘密兵器として十分に活用できるとのことです。企業における隠れた部分を見つけることで、企業を成長させる可能性はあるようです。

 

「企業の80対20理論」

これは行動指針として役立つとのこと。

・他社よりも顧客のニーズに応えられる企業は高い価格で大きなシェアを獲得する。

・他社より売上原価を抑え、同じ製品で同じ売上を少ないコストで達成する。

・他社よりもはるかに多くの「黒字」を生み出す企業がいていくつかの事が起こる。

 ① 再投資資金が増え、製品やサービスが更に向上し顧客満足度が高まる

 ② 販売やマーケティング、企業買収資金が増え市場シェアが拡大する

 ③ 従業員給与が増え、人材の引き留めや新たな優秀な人材確保ができる

 ④ 株主配当が増え、株価が上昇し、資本コストが低下し、投資や買収ができる

・長期的にみると、上位20%以内の企業が市場シェアの80%を占める。

・既存企業も新規参入企業もイノベーションを追求し、ニッチ市場で高いシェアを確保しようとする。それぞれの市場セグメントでも80対20の法則がはたらく。

・企業では社内社外問わず不均衡が生まれやすい。どの企業でも従業員の生み出す「黒字」には差があり、たいていは20%の従業員が80%の黒字を生み出している。

・創造する価値の80%を仕事に費やす20%で達成している。

・ビジネスのあらゆるレベルで努力と報酬は釣り合わない。

 

この章ではほかにも書かれていることは沢山ありますが、結果的に3つの教訓にまとめられていました。

 

『3つの教訓』

1、成功している企業は最小限の労力で最大限の収益を上げられる。

2、現在、最大の「黒字」を上げている市場分野や顧客グループに的を絞れば、業績を伸ばすことは常に可能。(コスト削減前提)

3、社内の不均衡を解消することで「黒字」を増やすことは可能。最高の「黒字」の部分を強化し、権限と資源をもっと与えること

 

 著者の経験や様々な分析などから導き出されていて、実際に起こっている現象である以上、私たちは学び、理解して役立てることが人生にとってより良いものになるのかもしれません。

 私としては、教訓のうち「2」について特に大切であると感じました。実際、私が勤めている会社は、一度始めてしまうとそのプロジェクトを辞めるという判断が殆どありません。それは非常に非効率であり残念でなりません。その労力と費用をもっと黒字化できるまたはしている部分に注ぎ込むことでより成長することができるのですが…。

 そんな考えを持ちつつも、私は現在学びを多く感じる仕事を勤めさせてもらっています。とても充実している仕事なので、迷いはありません。私の勤めている会社が注力している業務とは異色な仕事なので対外的な関係者とのかかわりも多く、学びの連続です。これを、仕事だけに活用せず、私事などにも活用していきたいと考えています。

 

 この本を読むと、ビジネスから私生活や人生の考え方まで、多くの学びが得られるように感じました。1回読み、もう一度ゆっくり読むととても理解が深まる感覚です。みなさまも、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

人生100年時代!今日も間もなく終わります。世間はワールドカップ!でも、いつものリズムのために早めの就寝をします。みなさま、明日も良い一日を!